お知らせ

お知らせ

平成24年10月 ご挨拶

[曹洞宗宗歌]
曹洞宗宗歌は、お釈迦さまから今日まで、正しい教え(正法)が脈々と伝えられてきたご様子を表したものです。

花(はな)の晨(あした)に片(かた)頬笑(ほえ)み 雪(ゆき)の夕(ゆう)べに臂(ひじ)を断(た)ち
代代(よよ)に伝(つた)うる道(みち)はしも 余処(よそ)に比類(たぐい)は荒磯(あらいそ)の
波(なみ)も得(え)よせぬ高岩(たかいわ)に かきもつくべき
法(のり)ならばこそ ♪♪

「雪の夕べに臂を断ち」この節は、お釈迦さまの仏法が中国に根をおろした次第を述べております。インドの達磨(だるま)さまは仏教を東の地、つまり中国に伝えることを決意され、長い旅路のはてに、梁(りょう)の武帝(ぶてい)と会見された後、嵩山(すうざん)少林寺において、面壁九年(めんぺきくねん)の坐禅を修行しておられました。 そこへ後に中国二祖となる慧可(えか)さまが、教えを請うて参上したのですが、達磨さまはただ面壁するばかり...。時至って大通2年(526)12月9日、身も切れるほどの厳冬に、慧可さまが腰まで雪に埋もれながら、臂(ひじ)を自ら切断し、求道の切なる思いを示されました。達磨さまはそれに応えられ、ついにお釈迦さまの正法が伝えられたのです。

この達磨さまは震旦初祖円覚大師(しんたんしょそえんがくだいし)と呼ばれ、10月5日に亡くなったとされ10月5日は達磨忌としてご供養を行います。

お知らせ一覧

15.03.02
平成27年3月 ご挨拶
15.02.23
平成27年2月 ご挨拶
15.01.15
平成27年1月 ご挨拶
14.12.01
平成26年12月 ご挨拶
14.10.31
平成26年11月 ご挨拶
14.10.03
平成26年10月 ご挨拶
14.09.03
平成26年9月 ご挨拶
14.08.01
平成26年8月 ご挨拶
14.07.01
平成26年7月 ご挨拶
14.06.03
平成26年6月 ご挨拶
14.05.02
平成26年5月 ご挨拶
14.04.01
平成26年4月 ご挨拶
14.02.28
平成26年3月 ご挨拶
14.01.30
平成26年2月 ご挨拶
14.01.15
平成26年1月 ご挨拶
13.11.29
平成25年12月 ご挨拶
13.11.06
平成25年11月 ご挨拶
13.09.26
平成25年10月 ご挨拶
13.09.02
平成25年9月 ご挨拶
13.08.01
平成25年8月 ご挨拶
13.07.01
平成25年7月 ご挨拶
13.06.01
平成25年6月 ご挨拶
13.05.01
平成25年5月 ご挨拶
13.04.01
平成25年4月 ご挨拶
13.03.01
平成25年3月 ご挨拶
13.02.01
平成25年2月 ご挨拶
13.01.01
平成25年1月 ご挨拶
12.12.03
平成24年12月 ご挨拶
12.11.01
平成24年11月 ご挨拶
12.10.01
平成24年10月 ご挨拶
12.09.01
平成24年9月 ご挨拶
12.08.01
平成24年8月 ご挨拶
12.07.23
平成24年7月 ご挨拶
12.06.01
平成24年6月 ご挨拶
12.05.09
平成24年5月 ご挨拶
12.03.30
平成24年4月 ご挨拶
12.03.08
平成24年3月 ご挨拶
12.02.06
平成24年2月 ご挨拶
12.01.11
平成24年1月 ご挨拶
11.11.25
平成23年12月 ご挨拶
11.11.01
平成23年11月 ご挨拶
11.09.27
平成23年10月ご挨拶
11.07.27
平成23年 8月ご挨拶
11.07.05
平成23年 7月ご挨拶
11.06.01
H23年 6月ご挨拶
11.05.01
平施23年 5月ご挨拶
11.03.24
この度の地震被害について
11.02.24
平成23年3月ご挨拶
10.11.01
平成22年 11月ご挨拶
10.10.01
平成22年10月ご挨拶
10.09.03
平成22年 9月ご挨拶
10.08.03
平成22年 8月ご挨拶
10.07.05
平成22年 7月ご挨拶
10.06.01
平成22年 6月ご挨拶
10.05.10
平成22年 5月ご挨拶
10.04.01
平成22年 4月ご挨拶
10.03.05
平成22年3月ご挨拶